全身脱毛は、部位によってはやっぱり恥ずかしい?

全身脱毛人気マップの閲覧感謝します!全身脱毛っていうのは、本当のところはどうなのか、実情を探ることを望んで調査に乗り出しました!うわさの情報を基本として、全身脱毛を詳細を調査したのでチェックしてね。 - 全身脱毛は、部位によってはやっぱり恥ずかしい?

全身脱毛は、部位によってはやっぱり恥ずかしい?

女性は全身の毛など1本も欲しくない!と考える人が多いですよね。
そのため、全身のありとあらゆる部分をサロン等で、脱毛する人も増えています。
腕や脚、ワキの脱毛は今や当たり前。
女性なら、多くの人が慣れたものです。

でも、VIOは?

どんな体勢で施術するの? どんな服装でするの? と気になりますよね。

VIOの脱毛時はどんな服装でするの?

VIOとは、脚の付け根であるビキニライン(V)と、性器まわりである(I)と、お尻の穴の周りである(O)のことです。
これらは、とてもデリケートな部分で施術中はどんな服装でするのか気になるところですよね。

VIOの脱毛をする場合、サロン側が用意する髪ショーツを履くことになります。
もしくは、何もはかずタオルで隠されるスタイルの場合もあります。
ただ、たいていは、髪ショーツになるかと思います。

上半身は自分が着てきた服をそのまま着ているか、サロン側が用意するガウンなどを羽織ることもあります。

VIOは、どんな体勢になって施術するの?

VIOは、普段人に見せる部分ではないため、いくら脱毛とはいえ、見せるとなると恥ずかしいものですよね。
でも、ここをさらさなければVIOの脱毛をすることはできません。
キレイのためには、乗り越えましょう。

・Vの場合
Vの施術の際は、エステベッドに仰向けになった状態でおこないます。
整術の際は、スタッフが髪ショーツをずらしながら脱毛用の光を照射していきます。
Vはビキニランですので、性器を見られることはありません。

・Iの場合
Iの施術はエステベッドに仰向けになり、膝をたててから、そのまま脚を横へ軽く倒した様な状態で光を照射していきます。
Iは性器周りですので、どうしても見られてしまいます。
恥ずかしいと思う人も多いですが、最初の1回をクリアしてしまえば、意外と2回目からは大丈夫だったりもしますよ。

・Oの場合
Oの施術の際は、ちょっと恥ずかしさが増し、多くのサロンでは四つんばいでおこないます。
サロンによっては、横向けに寝ておこなったり、うつ伏せでおこなったりという場合もありますが、見通しが良く安全におこなうめに四つんばいにさせられることの方が多いでしょう。
Oはお尻の穴の周りですので、スタッフ二人がかりでおこなう事もあります。
一人が、お尻の穴の周りを指で開きながら抑えて、一人が照射するという場合もあります。
Oの場合は、何度やっても恥ずかしい、、慣れない、、という人も多いですが、みんなそれを乗り越えて、キレイになっていくんですよ。

VIOの毛量が多いと恥ずかしいですか?

VIOの脱毛をする人のほとんどが、その毛量が多い人です。
そのため、脱毛スタッフは、毛量の多いVIOを見慣れています。
なので、毛量が多いくらいでビックリしたりすることもありません。
プロですから、どんな毛量の人でも、淡々とこなしてくれますよ。

VIOは、もともと皮膚の弱い部分でもありますから、その弱さをカバーするために、どうしても毛量が多くなりやすい部分でもあります。
「自分だけ、、」とは、思わず、意外とみんな多いんじゃない?くらいに構えて、考えすぎない様にしましょう。

まとめ

VIOの脱毛は、誰でも最初は恥ずかしいし、戸惑ってしまうものです。
でも、みんなそれを「えい!」と乗り越えて、すぐに慣れるものですよ。
「キレイ」のためには、恥じらいを忘れるのも必要なことかもしれませんね。

全身脱毛人気マップTOPへ

Copyright(C)2016 www.kilimanjaroenergy.com All Rights Reserved.